03-3371-0072

〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-20-1 グランドテラス新宿1F

中野坂上駅より徒歩4分 西新宿駅より徒歩6分

親知らず

親知らず|中野坂上 西新宿 歯科 親知らず 歯医者【前島歯科医院】


当院での自費診療のお支払いには、
クレジットカードがご利用いただけます。
Doctor'sF'ile

親知らず

親知らずは抜かなければいけませんか?
というご質問をよくお受けします。結論から申し上げますと、きちんとはえていて、管理できる様であれば、あえて抜く必要はありません。しかしながら、日本人の約8割の方が曲がってはえたり、歯茎が被った状態になっているのが現実です。

親知らずは、前から数えて8番目、一番奥に最後にはえてくる永久歯です。その為、顎の小さくなった現代人では、萌出するだけのスペースが足りずに曲がってはえたり、歯茎が被った状態の方がほとんどです。では、そういった親知らずを抜かずに残しておくと、どの様な弊害があるか以下にまとめてみました。

1.虫歯になりやすい

歯ブラシが届きにくい親知らずは、当然虫歯になる可能性が高くなります。また間に物が挟まる事により、大切な一本手前の歯まで虫歯になってしまうことがあります。

2.歯茎が腫れる

歯茎が歯に被っている場合、歯と歯茎の間に物が詰まり歯茎が腫れる事があります。(智歯周囲炎)。この場合まず消毒をして、抗生物質等を服用していただき、腫れをひかせてからでないと抜歯出来ません。

3.歯茎にあたって痛い

歯は上下の歯がかみ合ってその位置を保っているので、どちらか一方の親知らずが無い場合、もしくは潜っている場合、一方の親知らずは最終的に上下反対側の歯茎にぶつかってきます。するとその歯茎は、親知らずと顎骨、もしくは潜っている親知らずに挟まれて痛みが出てきます。

4.歯並びが悪くなる

狭いスペースに無理に親知らずが萌出しようとしたリ、曲がってはえた親知らずに押されることにより、歯並びが悪くなることがあります。

他にも親知らずの弊害は、いろいろとあります。しかしながら怖い、痛そう、腫れるのがイヤ等で決心のつかない患者様、一度当院にご相談ください。

当院では歯茎や骨に潜った親知らずでも、特殊なケースを除いて抜歯可能です。抜くべきか残すべきかも含め、ひとりひとりに合った最善の方法をご提案させて頂きます。

pegetop